seo

過剰なSEOをすると検索エンジンはそのホームページに対してペナルティを与えます。ペナルティは軽いものから厳しものまであり、一番厳しいペナルティはドメインごと削除されることでしょう。

間違った知識や中途半端な知識でSEOをするとペナルティを犯してしまう可能性があります。重要なことは適度なSEOを心がけることだと思います。

といってもその基準はGoogleが決めることなので、過度かどうかは難しい判断となります。

だからこそ、中途半端な知識でのSEOはやめておいた方がいいかもしれません。そうでなければ、ドメインの変更も選択しに入れるべきです。

seo対策に良質なコンテンツを

検索エンジンからの評価は良質なコンテンツがなければありません。役に立たないと判断されたものを、無理矢理検索結果の上位に表示させることが不可能なのです。検索エンジンがサイトの表示順位を決めるために重視している項目は、サイトの質そのものです。ライバルサイトよりも良質なコンテンツを作ることができればseoは確実に成功します。

自分がいいと思うものではなく、あくまでも検索ユーザーにとっていいものを作り続ける必要があります。つまり、検索ユーザーのニーズを正しく理解するということです。検索キーワードやユーザーから見て、見やすいサイトを心がけましょう。

seo対策にはコンテンツの質をあげましょう

ネット販売を行うには、閲覧順位がとても重要となります。多くの人に見てもらえなくては、売り上げが上がらないですし、運営する意味がなくなってしまいます。閲覧順位は、様々なアルゴリズムで順位を付けられるので、特定のアルゴリズムだけでseo対策をしたとしても、効果がないので、対策ばかりを考えるのではなく、コンテンツの質を上げることに注力してください。

ユーザー目線で読みやすくなっているのか、最新情報を掲載しているのかなどを確認することで、いろいろなアルゴリズムに対しseo対策となるので、閲覧順位をどんどん上げることが出来ます。

seoによる問題はコンテンツで

コンテンツを変えていくことで、seoの問題を消せる可能性もあります。抱えている問題の多くは、全く効果が出てこなくてサイトの順位が上がっていないように感じることです。実際にサイトにseoを施しても、何も起こらないことが結構あります。他のサイトが多くの影響を持っていて、上位に入れるような状況を作れないまま終わってしまうことも多々あります。

そこでコンテンツを変更して、より見られるようなサイトに変えていくようにします。上位に入っていけるような状況となっている場合には、中身がしっかりしていると感じられるようになるでしょう。

コンテンツseoはどういうものか

ユーザーにとって役に立つサイトを制作して、検索エンジン上での評価を高めることを、コンテンツseoといいます。2012年のパンダアップデートによって、専門性や内容が乏しいサイトは上位表示されにくくなりました。よって、オリジナリティのある高品質なサイト制作が重要となってきています。

コンテンツseoをおこなうためには、単に記事を量産するのではなく、検索エンジンの意図をしっかりと理解することが大切です。また、ユーザーの目的に合わせるために、検索キーワードを軸に考えてサイトを制作する必要があります。これらを踏まえて実施すると、高い効果が得られるはずです。

大阪、東京で実績から選ぶseo会社

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.tkt-group.co.jp/

関連

menu

TOP seo seo対策とは seo会社 seoのリスク seoの基礎 ホームページ制作 リスティング広告