カテゴリー: リスティング広告

インターネット広告で使われるSEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、日本語に訳すと検索エンジン最適化となります。

インターネット広告にたどり着く手段のほとんどは検索エンジンであり、検索結果でインターネット広告が上のほうに表示されれば、それだけアクセスしてもらえる確率が格段に高まります。

そこで、検索エンジンの傾向を掴んでより上位に自分のインターネット広告が表示されるように工夫をする必要が出てきます。これがSEOです。

SEOの方法としては、検索エンジンに引っかかりやすい単語をサイト内に大量に羅列したり、関連性の薄いサイトに目的のサイトへのリンクを掲示するなど、様々な方法があります。

しかし、過剰なSEOは検索エンジン側からペナルティを科せられる可能性がありますので、製作者は自重するべきです。

異なる点もあるSEOとリスティング広告

検索結果において、なるべくユーザーがクリックの回数を増やす事なく閲覧できる様に、最初のページに表示される事を目指して行われるSEOとリスティング広告ですが、異なる点もあります。

SEOでは順位の欄に表示されるのに対して、リスティング広告はその周辺に表示されます。SEOとリスティング広告の大きな違いは、表示される場所にあるでしょう。しかし、人は検索内容によっては、順位を重点的にチェックしている事もあり、時と状況によりリスティング広告よりSEOの方が高い効果が得られるという事もある様です。

SEOとリスティング広告の共通している点や異なる点について知った上で、使い分ける様にしたいですね。

SEO対策だけでなくリスティング広告も

SEO対策はなかなか安定しません。

そんな時こそ、リスティング広告を利用しましょう。そうすることでアルゴリズムの影響を軽減でき、アクセスを増やすことができます。

当然、SEOよりコストパフォーマンスは落ちるかもしれませんが、安定的にアクセスを増やすこともビジネスには大切です。